Pop Animation
新作・放映中のテレビアニメまたは上映されるアニメーション映画を紹介していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLOOD+ 第45話 「手のひらを太陽に」
2006年08月21日 (月) 12:22 | 編集
シフ編の最終章って感じで
モーゼスがジェイムズの提案に乗り
カイを殺しに部屋にやってくる
やっぱりというか、モーゼスがカルマンを助けるために
ジェイムズの提案を呑みました

絶対に助かるという話をしながら
それっぽい装置を見たり説明をされたりすれば
なんとなく誘惑に乗っちゃうのはわかるんですけど

……これって詐欺の常套手段じゃないか!
本筋の根拠(シフ自体が助かるという根拠は可能性しか出てない)がずれていたり
提案するほうの利益が見当たらないし…

ジェイムズが生き返る代償として手に入れたからだに
ディーヴァがおきに召されず「もういらない」なんていわれた日には
誰かを陥れたくなったりするっていうのはわかるのですが
その陰湿さはなかなか素敵です

案の定というか、ジェイムズがカルマンのもとに訪れ
嘘だということをバラし、
カルマンを焼き殺そうと部屋の窓を開けて逃げていく
とことん陰湿な性格ですね

モーゼスのほうはは昼間はやはり運動能力が落ちるのか
カイ一人殺せず…
いくらなんでも傷ひとつ追わせられないのは
元暗殺者として失格だと思うのですが。
挙句の果てカイが放った弾丸によりフードがめくれ
太陽を浴びてしまいカイに助けられ
そこからさらにまたカイを殺そうとするしつこさはすばらしいものです

止めの一撃をカルマンに止められ
武器をルルゥに渡すようカイに頼みどこかに飛び去ってしまう

最後には夕日をカルマンと見て
燃え尽きるという感動的…なはずの終わりだったのですが
モーゼスが一人ハッチャケて騒いでただけのような感想を持ってしまい
うーん…

仲間が死に直面したとき何とかしようというのはいい話だと思うけど
あんまりにもふらふらしすぎていてどうもいい評価ができなかったのが
ちょっと残念です

次回にはまたソロモンが登場で
今度はどういう立場で動き回るのか
ここまでサヤに肩入れしておいて今週のモーゼスみたいに
ふらふらするような人物じゃないことを祈ってます
スポンサーサイト

ブログランキングぜひ、押していってくださいな
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。