Pop Animation
新作・放映中のテレビアニメまたは上映されるアニメーション映画を紹介していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涼宮ハルヒの憂鬱 3 限定版 |谷川流
2006年12月24日 (日) 21:00 | 編集
涼宮ハルヒの憂鬱 3 限定版涼宮ハルヒの憂鬱 3 限定版
出演:
角川エンタテインメント
発売日 2006-09-22


TVアニメの本放送版しか見ていなかった人にこそ、見てほしいDVD『涼宮ハルヒの憂鬱 3』。TVアニメの本放送では12話だった「憂鬱 V」、最終回だった「憂鬱 IV」を収録。ハルヒや登場人物たちの正体を明かしつつ、キョンのいる現実世界にとどまろうとするハルヒの姿を描く。『涼宮ハルヒの憂鬱』という物語が、SF的な時空を超えたラブストーリーであることをあらわすクライマックスである。閉鎖空間に閉じ込められたキョンのもとに、長門がパソコンの回線を通じて、メッセージを送るシーンは感動のひとこと。長門のキョンに対する想いが伝わってくるのだ。この結末を迎えたあとも、ハルヒやキョンの冒険は続く。この話を見たあとに、残りのDVDシリーズを見ると違った発見ができるに違いない。(志田英邦)

現実にゆれる繊細な心が・・ 2006-10-19
涼宮ハルヒの憂鬱5,6を収録。話は、キョンと二人になったハルヒは自分のエキセントリックな言動の原因を告白。しかしキョンはそんなハルヒを受けいることが出来ないまま、古泉によってハルヒに恐るべき能力のあることを知らされる。そしてある事件をきっかけにハルヒはその能力を使い新たな世界を創造することを・・・我々は新たな世界の創造に立ち会うことになるのか。

涼宮ハルヒの憂鬱1~6の中で最大の謎は量子論の濃厚な影である。オープニングからシュレディンガー方程式やベンゼンの分子式が出てくるアニメが今まで在っただろうか。そしてみくるの「時間パラパラ漫画説」や古泉の「人間原理」も量子論から来ている。この作品と量子論の関係を新書レベルの浅い知識で考えたが可能性を二つぐらいしか思いつきませんでした。

その1、「なぜ焚き火では日焼けをしないのか」という日常の疑問から半導体、レーザーの原理まで「現代」と量子論は切ってもきれない関係にあるから。それならば「あの」パソコン(半導体の塊でCD,DVD読み取りはレーザー)強奪も、皆さんもキョンと一緒に「長門!」と叫んだであろうあの感動的なシーンのためだけでなくモノリスに触れるような象徴的な意味があったのかもしれません。

その2、私はハルヒは眉村卓の「なぞの転校生」を知っている派なので古泉の出現以降「異世界人」がハルヒの口から出てこないのは当然と思っていたが、量子論の中には別の世界が創られ続けているという考え(多世界解釈)もあり、そのうち異世界が現れるから。もっとも閉鎖空間も古泉や長門はこの世界に入れてないので異世界なのだろうが、もっと本格的な異世界が出てくるのではないだろうか(と言うか出て来て欲しいみたいな)。ともかくこの謎が解けるまでハルヒについていくしかないようである。

後個人的にはアレを巨人とか神人とか言う「機関」の人たちは宮崎駿のファンが多いのかなと思うと微笑ましく感じます(シュナのほうです念の為)。


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。