Pop Animation
新作・放映中のテレビアニメまたは上映されるアニメーション映画を紹介していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涼宮ハルヒの憂鬱 7 限定版 |谷川流
2006年12月27日 (水) 15:08 | 編集
涼宮ハルヒの憂鬱 7 限定版涼宮ハルヒの憂鬱 7 限定版
出演:
角川エンタテインメント
発売日 2007-01-26


『涼宮ハルヒ』の原作者の谷山流が自ら筆を取った、アニメ版オリジナルの一話「サムデイ イン ザ レイン」。キョンのいないSOS部室では、どんな日常がおくられているのか。それを盗み撮りのような定点カメラの視点で描いた一話。なんと、2分17秒+1分間にかけて、長門が本を読むだけのカメラの長回しシーンがあるのだ。演出を務めた山本寛氏によると、この長回しシーンは、長門がキョンを「待つ想い」を表現したものだという。長門ファンは彼女の想いを想像しながら、観てみよう。DVDの映像特典としてノンテロップのエンディング「ハレ晴れユカイ」が収録されている。これは嬉しい、ゴホウビ。ハルヒのダンスの完全版を見てみたいなら、ぜひともチェック!(志田英邦)

「静寂を尊ぶ」 2006-12-19
最終回サムデイインザレインを見ていて、半分くらいの視聴者がつまんないと感じて、半分くらいの人が面白い、これもアリだと感じたんだと思う。

長門の読書シーンは個人的に最高の出来だと感じました。普通のアニメではまずやらないだろう表現を長々と取り入れてくれるのだから、ハルヒは止められませんね(笑)

この最終話は心理描写の真骨頂とも言えるシーンだと思います。なので洋画の派手なアクションシーン信者で日本のたそがれ清兵衛のような静かな感情表現を理解出来ない人にはオススメできません。個人的には最高ですけどね。


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。